三芳・川越・所沢の不動産買取は【株式会社 アキラ】へ

 

新入社員が解説〜太陽光発電が暮らしを変える!?〜

公開日:2021/09/16

カテゴリー:AKIRA新聞

 

皆さん、こんにちは!

株式会社アキラのコラム担当、植木です。

最近は、気温差が激しいですね!

夏なのか秋なのかわからない気温ですが、体調管理には十分お気をつけください^ ^

 

今回は、太陽光発電について解説していきます。

 

再生可能エネルギーとは

太陽光発電の話をする前に!

太陽光発電を含む再生可能エネルギーが、なぜ注目されているのか説明します。再生可能エネルギー(Renewable Energy)は、石油や石炭などの限りある資源とは違い、太陽光や風力、地熱といった自然のエネルギーを利用し地球温暖化の抑制に繋げていこうというものです。

 

主な再生可能エネルギー

太陽光発電

太陽の光を利用し発電する方法です。個人住宅から企業まで幅広く始めやすく個人でも手が出せる再生可能エネルギー

風力発電欧米諸国では主流の再生可能エネルギーの象徴。風の力を利用し電気を作り出しています。
水力発電ダムや河川、農業用水、上下水道を利用するクリーンエネルギー
地熱発電地下の地熱エネルギーを使い発電するもの。山の多い日本では、特に重要な純国産エネルギー
バイオマス発電動植物などから生まれた生物資源を「直接燃焼」「ガス化」して発電する方法

 

再生可能エネルギーへの取り組みはSDGsにも関わってくることですね!

関連コラム:今知っておきたい持続可能な開発目標~SDGsとは?〜

弊社を含むアジアグループもSDGsへの取り組みを行っています!

 

太陽光発電の仕組み

太陽の光をシリコン半導体に当て電気を作り、太陽電池により直接電気に変換し発電しています。

太陽光発電のメリット!

・光熱費の削減ができる

・余った電気を売却する

・停電時も電気を使える

太陽光発電のデメリット!

・初期費用が高い

・メンテナンスが必要

・気象状況の影響を受ける

 

日本では、2011年の東日本大震災をきっかけに急速に普及が進みました。震災の影響による停電や電気供給がの問題点が浮き彫りになり、再生可能エネルギーへの注目が増してきたのです。自然災害の多い日本では、停電も少なくありません。過去の教訓を活かし、未来の生活を変えていくことは良いことですね!

 

太陽光住宅

既に自宅に太陽光発電のソーラーパネルがあるという方も多くいると思います。

最近では、コロナ禍の影響で自宅にいる時間が増え、テレワークをしている方は電気代が増えたと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?太陽光住宅にすることで電気代節約にも繋がります!

経済産業省や国土交通省などは、2030年までに新築戸建て住宅の約6割に太陽光発電設備を設置する目標を設けました。(日本経済新聞 7/27)戸建て住宅の太陽光義務化は見送られたようですが、今後義務になる可能性は低くはないのかもしれませんね!

太陽光発電の力で環境に優しく、家計、生活の足しにしてみませんか?

 

FIT制度とFIP制度

2012年7月から導入 FIT制度(Feed-in Tariff)

再生可能エネルギーの固定価格買取制度のことで、日本国内の再生可能エネルギー普及のために作られた制度です。普及は広まる一方で、電気会社が再生可能エネルギーを買い取るための費用は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、電気の使用者が電気料金として支払っています。買い取りが増加したことで賦課金が増加電気使用者の負担が問題となっています。そこで、FIT制度に加え新設されたのがFIP制度です。

 

2022年4月から導入 FIP制度(Feed-in-Premium)

市場価格に付加価値(プレミアム単価)を上乗せし、両方を合わせたものを買取価格とします。

再生エネルギーを電力市場へ統合するにあたっての段階的な措置として、電力市場の価格と連動した発電を促す制度です。

 

「2050年カーボンニュートラル」

菅総理は、2050年脱炭素社会の実現に向けて二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンガスを含む全ての温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すとしたのです。

 

カーボンニュートラルとは

「排出を全体としてゼロ」とは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」から、森林などによる「吸収量」を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味しています。

 

(参照:環境省HP)

カーボンニュートラルを達成するためには、温室効果ガスの排出量の削減・吸収作用の保全及び強化する必要があるとされています。

身近なところでは…

・屋根置きなど自家消費型の太陽光発電

・住宅・建築物の省エネ性能等の向上

など、いくつかの対策、施策が公表されています。

詳しく知りたい方はコチラ→環境省:カーボンニュートラル!

 

弊社の太陽光発電事業

弊社でも太陽光発電事業に取り組んでいます。土地の有効利用、太陽光発電事業についても弊社にご相談ください!

株式会社アキラの取り組み:太陽光発電事業

 

まとめ

いかがでしたか?

山の斜面や周りに何もない広い土地は太陽光発電用地として土地活用できる場合があります。夢のマイホームに、太陽光をつけてみてはいかがでしょうか?光熱費の節約もできて、環境に配慮した住宅は、一石二鳥ですね!

株式会社アキラでは、三芳・所沢・川越エリアを中心に土地の再生事業に取り組んでいます。あなたの土地のスピード査定!高価買取り!お任せください!

 

↓他のコラムもご覧ください!

記憶力と年齢は関係ない!?

新入社員が解説〜賃貸部屋選びのポイント〜

憧れの、蔦の絡まる家

 

土地のことならアキラにお任せください

株式会社アキラでは、三芳・川越・所沢を中心に市街化調整区域の土地を積極的に買取しています。

土地の管理に困ってる。使用してない「畑」や「山林」がある。土地についてお困りの際は、当社にご相談ください。

株式会社アキラ公式ホームページ

・他社で買取を断られた土地をお持ちの方

・相続問題で早急に土地を現金化したい

・農業を引退して使わない農地を活用したい

最短2分であなたの土地の値段がわかる!トチウール査定サイトはこちらです

パソコンは不慣れ、情報入力が面倒だというあなたには!もちろん電話受付も行っております。秘密厳守!相談査定完全無料!初めての方にも安心です!

平日9:00~18:00

049−293−9940 株式会社アキラ

カテゴリー

近隣の売却実績売却の流れ不動産売却コラム売却査定
株式会社 アキラ

株式会社 アキラ

埼玉県知事免許(2)第22230号

〒354−0045
埼玉県入間郡三芳町上富2003-1
TEL:0120-444-408


営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

Copyright © All rights Reserved by株式会社 アキラ