太陽光発電事業

土地活用の実践!太陽光発電所を絶賛運営中。

株式会社アキラでは、眠っている土地の有効活用についてのコンサルティングも行っております。その一つが野立て太陽光発電所です。農地であっても一定の条件をクリアする事で太陽光発電所の建設、運用が可能です。眠っている土地から継続的な収入を得られる活用法の一つとなります。

株式会社アキラでも現在、3箇所、アジアグループ全体では10箇所の太陽光発電所を運用中です。
その導入事例を元にコンサルティングを行わせて頂きます。

使う目的がなく眠ってしまっている土地がありましたら、まずは株式会社アキラへご相談下さい。

【太陽光設置場所所在地 1】
・埼玉県坂戸市四日市場水口

 

【太陽光設置場所所在地 2】
・加須市杓子木大道西
434番1、434番2、435番、436番2

 

【太陽光設置場所所在地 2】
・茨城県北茨城市関南町神岡上二ツ島
81番2、81番4、82番1、82番2、82番3

眠っている土地の有効活用につきましては、太陽光発電所以外にもまだまだ沢山の案がございます。
土地のプロフェッショナルの株式会社アキラにご相談ください。